イタリア フィレンツェ都市情報

フィレンツェ
Firenze

フィレンツェってどんな都市?

フィレンツェはイタリアのトスカーナ州の州都であり、ルネサンス時代の数多くの傑作と建築で知られていて、「屋根のない美術館」とも言われています。フィレンツェは何といっても文化と歴史の宝庫!ルネサンスの発祥地として知られ、その歴史的な遺産は圧巻です。ウフィツィ美術館やアカデミア美術館では、ボッティチェリやミケランジェロなどの巨匠の作品を鑑賞できます。ドゥオーモ広場にそびえ立つドゥオーモ大聖堂も見ごたえ十分。夕暮れ時のロマンティック雰囲気は言葉では表現しきれない光景です。ぜひ、ご自身の目で肌で感じてみてください!また、本場イタリア料理もお楽しみいただけます!トスカーナ地方の料理は新鮮な食材と伝統的な調理法を組み合わせ、口の中で広がる絶妙な味わいが楽しめます。特に、骨付のキアーナ牛を焼き上げるフィレンツェ風ステーキ「フィオレンティーナ・ステーキ」は人気!ボリューム満点なので2~3人でシェアがオススメです。もちろん、ファッションやショッピングもお楽しみいただけるフィレンツェは芸術、歴史、食事、ショッピングとすべてが一堂に集まった魅力ある都市です。ATH(ARC TRAVEL HOLIDAYS)のツアーでぜひこれらの魅力に触れ、フィレンツェでの素晴らしい旅をお楽しみください。延泊等のアレンジもお伺いします!お気軽にコールセンターへお問い合わせください。


フィレンツェのおすすめ観光スポット

アカデミア美術館:イメージ

アカデミア美術館

アカデミア美術館(Galleria dell’Accademia)は、ルネサンス時代の作品が展示されている美術館です。特に有名なのはミケランジェロが制作した「ダヴィデ像」。アカデミア美術館は非常に人気があるので入場するためには予約がおすすめです。ルネサンス芸術の魅力に触れたい方は訪れる価値がある場所の1つです。

ジョットの鐘:イメージ

ジョットの鐘

フィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の脇に建っている高さ約84mのゴシック様式の鐘楼で人気の高い観光スポットの1つです。鐘楼の内部には、414段の階段を上り、フィレンツェ市街の素晴らしい景色を楽しむことができる展望フロアーがあります。※エレベーターはありません。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂:イメージ

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

フィレンツェのランドマークとして知られている赤いクーポラ(丸屋根)の大聖堂。ゴシック様式の建築物で、1296年に建設が始まり、現在の姿にいたるまでに約600年の年月を要しています。クーポラの展望フロアーへは463段の階段を使って上ることができ、360度眼下に広がるフィレンツェの町並みを堪能いただけます。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会:イメージ

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

フィレンツェにある美しい教会で、重要な宗教建築物の1つです。ゴシック様式とルネサンス様式の融合した建築物。外観は美しく、白い大理石と緑色の大理石のファサードが造られ、内装は豪華な装飾品とフレスコ画など多くのルネサンス期の美術作品が展示されています。有名な画家の作品としては、マザッチオの「三位一体」やギルランダイオの「洗礼者ヨハネの生涯」などが鑑賞できます。

ミケランジェロ広場:イメージ

ミケランジェロ広場

アルノ川のほとりの小高い丘の上にあり、フィレンツェの街並みを見下ろすことができる美しい展望台として知られています。サンセット、夜景が楽しめる場所として、観光客のみならず地元フィレンツェっ子のデートスポットにも人気の広場です。広場の中央にはミケランジェロ作「ダビデ像」のレプリカもあります。アルノ川の対岸から眺めるフィレンツェの市街はおすすめ絶景の1つです。

ウフィツィ美術館:イメージ

ウフィツィ美術館

世界的に有名な美術館で、ルネサンス美術の傑作を数多く所蔵している美術館です。数々の有名な芸術家の作品を鑑賞することができ、なかでもボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」「春(プリマヴェーラ)」やレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」は有名。年間数百万人が訪れるという大人気の美術館なので事前予約が断然おすすめ!時間のない人は見たい作品を決めて回るのが効率的です!

フィレンツェ基本情報

■時差 日本との時差は8時間。フィレンツェの方が遅れている。
    サマータイム期間(3月の最終日曜日から10月の最終日曜日)は7時間。
■空港 フィレンツェ ペレトラ/アメリゴ ベスプッチ空港。エアポートバス 約20分 6ユーロ。
■電圧・周波数  220V・50HZ
■平均気温・降水量・服装

フィレンツェ:平均気温・降水量・服装案内表

※気温は℃、降水量はmm
※A:夏服・半袖  B:薄手のセーター、カーディガン等  C:冬服・薄手のコート等 D:厚手のコート、手袋等の防寒具

■飲み水 水道水は飲めるが、石灰分が多い硬水のため、ミネラルウォーターの方が望ましい。
■タクシー 白い車体の上にTAXIの表示を出している。駅前広場等にある”TAXI”と表示
       されたタクシー乗場で拾うか、ホテルやレストランで呼んでもらう。
       乗車後メーターが動いているか確認。チップは不要だが、
       お釣りをチップ代わりにしてもいい。
■チップ ホテル:ルームメイド、ポーターに荷物1個につき1ユーロ 
      レストラン:サービス料別の場合,料金の10%前後 
      タクシー:10%程度 
      その他:特になし


イタリア 他のおすすめ都市


ヨーロッパその他の国